2010年8月24日

スポーツ関係以外あまりテレビをみない私ですが、

販促の勉強になる番組はいくつかみています。

その中の一つ、テレビ朝日系の「雑学王」という

クイズ番組があります。

普通の人が見ている分には、ただの雑学で終わって

しまいますが、販売促進に携わっている人なら、

販売促進のアイデアが続々と出てきます。


例えば昨日のクイズでいうと・・・

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 質問

スポーツ用品専門のショッピングモールに

大量の水が出るボックスを設置した目的は?

    
■ 答え

レインウェアの防水機能を試してもらうため

■ 解説

ゼビオドームは体験型ショッピングモールをコンセプトに

していて、店内に設置されたランニングコースでランニング

シューズの試し履きができたり、野球バットやテニスラケット

で試し打ちをすることができる。さらに、電動自転車も試乗

することができるのだそう。

―――――――――――――――――――――――――――――

お客様は商品を購入する際に、

「本当に効果があるのか?」「自分に合っている商品なのか?」

と思っています。そんなお客様の不安に対して実際に試せる

施策があればお客様は安心して購入できます。

リスク対策ののアイデアとして参考になりますね。

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 質問

銀行が新たに始めた「振り込め詐欺」対策

注意を促すメッセージを何に書いて配布した?

■ 答え

トイレットペーパー

■ 解説

トイレットペーパーにはオレオレ詐欺や還付金詐欺の

手口の紹介など、防犯を呼び掛ける内容が印刷されている。

東京・巣鴨にある巣鴨信用金庫では、これまで5500個以上を

配布し、振り込め詐欺の防止を呼び掛けているそう。


―――――――――――――――――――――――――――――

お客様が常に目にする所に広告を出せれば効果は出やすいです。

トイレットペーパーは、ほどんどの人がほぼ毎日目にするもの。

チラシ・DM・ホームページだけでなく、こういった媒体も試せ

ないかと考えみる。媒体選びのアイデアとして参考になりますね。

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 質問

便利グッズ「シュレッダーはさみ」は元々

何を切る用のハサミとして販売されていた?

■ 答え

のり(きざみのり)

■ 解説

発売当時の商品名は「きざみ海苔ができます!」というもの。

一度に「きざみのり」をたくさん作れる便利グッズとして

売り出したものの、全く売れなかったが、発売から数ヵ月後の

2005年4月、個人情報保護法が施行され、世間のプライバシー

への関心が一気に高まり、お客さんの提案からシュレッダー

用のハサミとして売り出したところ、家庭でも手軽に使えると、

人気商品になったそう。

―――――――――――――――――――――――――――――

商品そのものは変わってないのですが、用途やパッケージを

変えただけで人気商品へ。

オズボーンのチェックリスト

「他に使い道はないか?」

「他からアイデアが借りられないか?」

「変えてみたらどうか?」

「大きくしてみたらどうか?」

「小さくしてみたらどうか?」

「他のものでは代用できないか?」

「入れ替えてみたらどうか?」

「逆にしてみたらどうか?」

「組み合わせてみたらどうか?」

の中のまさに、「他に使い道はないか?」ですね。

お金をかけずに新商品を生み出すアイデアとして

参考になりますね。

このように、この番組は販売促進担当者がみれば

色々参考になる話が多いのです。

是非一度チェックしてみて下さい。あなたのビジネスに

役立つクイズが出てくるかもしれませんよ。