2007年8月29日

「現場・現物・現実の三つの現を重視する」

(現場に行く・現物(現状)を知る・現実的である)

私がHONDAの広告を作っているときに

よく聞かされた言葉。

これが私の広告作りの原点である。

だから、私がセミナーをやる時には必ず

アンケートを取っている。

昔、あるHONDAの軽を

広告でもっと売れないかと考え

ディーラー(現場)に行った。

そこでトップ営業マンに聞いてみた。

「この新型軽のメーカの一押しは女性に気に入られる色ですが

売りは、やっぱり女性に気に入られる色ですか?」

営業マンは言った。

「色は二の次ですよ。ドアを開け閉めするだけです。

ドアを開け閉めした音が他の軽とは全然違うんです。

親御さんは軽は事故したときに危ないんじゃないかと

思っているんです。 だからHONDAの軽は、

しっかり作っているというのを 教えてあげるだけで、

多少高くても売れるんです」

この言葉を聞いたとき、やっぱり三現主義って

大事なんだと思った。

一生、「現場・現物・現実」を重視するコンサルタントで

ありたいと思う。

広告代理店で広告を作成する前に!でおなじみの

販促コンサルタントの岡本達彦でした