2008年11月3日
昨日は、PR21主催のセミナーコンテスト(通称セミコン)
の審査員をやってきました。
http://www.project-r21.com/semicon.081102.html

このセミコンというのは10分という限られた時間の中で
発表をするので、少しでも失敗すると致命傷になります。

そんな中で昨日の優勝者である小林さんは失敗することなく、
多くの人に感動を与える本当に素晴らしい発表をされました。

どうしてそのような発表ができたのか?

それはコンテストの前に、知り合いの方に集まってもらい
その方達の前で発表し、それに対してダメ出ししてもらう
という事を何度もやったそうです。

自分一人で練習をする人はたくさんいらっしゃいます。
しかし、自分一人で練習しているだけでは、相手が
どう思ったか?どう見えているか?というのは解りません。

なので自分が上手くできたと思っていても、
イマイチ反応が良くなかったということが多々あります。

自己満足ではいけないのです。聞く人の事をよく考え
喜ばす事ができて、はじめて良い発表なのです。

これはビジネスの世界でも同じです。

多くの相談を受けて解った事は、ビジネスが上手くいっている
会社は、お客様によく自分の会社の事を聞いています。

お客様に自分の会社の良さや商品良さを聞いて、
それを広告などに 反映させ、多くの人に伝えているので
上手くいっているのです。

お客様に聞く必要性。

昨日の小林さんの発表を見て改めて感じました。

セミナーコンテスト(セミコン)

※写真は小林さんの優勝スピーチの様子